受取時期

もしものための保障型学資保険って?

学資保険の加入は多くの人が出産後に検討するかと思います。
学資保険に入る人はいらない人もいますが、学資保険には大きく分けて二つの目的別に分かれます。
まず一つ目は、貯蓄型の学資保険です。
一定の額の教育資金をためるために毎月支払っていくタイプで、返戻率が100%以上の学資保険です。

そしてもう一つが、子供や親が万が一に備えた学資保険です。
子供がけがをした場合、入院や手術をした時などの備えに医療保険として使用することができます。
特に障害を持ってしまうほど重度の病気やけがにあった時、最悪亡くなってしまった時に手厚い補償を受けることができます。

このような医療保険の特約が手厚くなっている学資保険に関しては、ほとんどが元本割れをしてしまいます。
なので貯蓄したいという気持ちで学資保険を加入したい人には向いていません。

お子さんもしものことがあった時の保険として安心しておきたい人にはすすめです。
保障内容も学資保険会社によって異なり、特徴があります。
ただしお住まいの地域によっては、子供の医療費の補助が受けられるところが多いです。
障害や死亡に関する保証はありませんが、その代割に医療費の負担額がとてもおさえられている地域が多いです。

地域によっては義務教育が終了する中学生までの間、医療費がすべて全額保障してくれている自治体もあります。
また地域によっては、毎月の負担額が決まっていて、それ以上病院にかかった場合は無料になるケースもあります。
そのような保障がある地域では、子供が入院しても一定額の治療費しかかかりません。
なのであえて医療保障がついている学資保険に加入しなくてもいいのではと考える人も見ます。

ただしやはり子供のことなので何があるかわからないからと心配して加入する人もいます。
また仕事などを変えているお母さんにとっては、入院になると仕事を休んで付き添い介護をしなくてはいけません。
パートなどで働いている場合は、休んだ分だけ収入が減ってしまいます。
その分の補てんとして医療保険の入院手当などを使用するという考え方もあります。

子供の場合いつ何どきに行基やけがをするか分かりません。
なのでもしも万が一のことがあった時不安に感じる人は、医療保障の内容を確認してから加入しましょう。

このページの先頭へ