受取時期

学資保険は元本割れするのか?

今子供が生まれるといろんなところで加入を受けるのが学資保険です。
今では、妊娠後期でも加入することができるため、早いところでは妊婦さんのころから勧誘を受ける場合もあります。
そんな学資保険は、どこに加入しても同じなのでは?と違いがよくわからないという人も多いかと思います。
もちろんな保険会社によって内容は異なりますし、共通して言えることもたくさんあります。
いろんな会社の中から一つの学資保険を選ぶのがとても難しくなってきています。

まず保険会社を決める際に気をつけなければいけないことがあります。
それは返戻率というものです。
返戻率とは、掛け金の総額に対して、何%のお金が満額になった時に支払われるのかということです。

学資保険はどれも加入したら得なのではと思う人もいます。
しかし学資保険には、貯蓄型と保険型に分かれます。
貯蓄型の奥はお金をためることが目的としています。
なので返戻率が100%以上のものを魅力的と感じ契約します。

しかしそれとは逆に保険型の学資保険もあります。
けがや病気に対しての保障や、通院入院の保障などが契約内容としてもりこまれています。
毎月支払っている一部分が、その保険料として徴収されるという形になります。
なのでその金額分が掛け捨てとなりが元本割れを起こしてしまいます。

かならずしも学資保険のすべてが元本を上回るわけではありません。
元本割れする学資保険もあるということを忘れてはいけません。
しかり保険内容を確認してから加入することが大事です。

中には貯蓄重視のものでも、保険内容が組み込まれているものもあります。
保険内容の部分をカットできる保険もあるので、保険内容で納得できるものを選びましょう。

貯蓄重視のタイプのものは、掛け金よりもプラスになることを目的として加入する人が多いです。
そのため元本割れする商品が少ないです。
その代わりお子さんに保険を必要だと感じている人は、学資保険とは別で保険の加入が必要になります。

各会社によって特徴も異なりますし、返戻率も大きく異なります。
また満額で教育資金を受けとることができる時期も異なります。
そして支払い期間も異なります。
短期間で支払った方が返戻率が高いという条件もあり、各家庭の教育資金の計画に基づいて加入しましょう。

このページの先頭へ