受取時期

銀行積み立てと学資保険どっちが得?

子供が生まれて教育資金の説明を聞くと、こんなお金が本当にためられるのだろうかと不安に感じる人が多いです。
そのお金の一部を計画的にためていく方法の一つに学資保険や銀行への定期貯金があげられます。
いったいどっちのほうが得なのかなと感じる人もいるでしょう。

どちらが得なのかは、メリットデメリットが自分の性格や環境に適しているかどうかで決まるといえます。
まず学資保険のメリットといえば、一番は高い返戻率です。
今銀行などの利子はとても低く、利子がほとんどないといってもおかしくないほどです。
なので同じ目標金額を貯蓄するとしても、実際は少ない支払いで貯蓄することができます。

また自分で貯蓄をするのが苦手な人にもお勧めです。
計画的にためるのが苦手な人やついうっかり他のもの使ってしまいそうな人など、お金の管理が苦手な人は強制的に貯蓄することができます。

ただしデメリットとしては、途中解約をしてしまうと損をするということです。
解約金として返金を受けることはできますが、払込金額よりも経解約金が下回り損をしてしまうということです。
先々のことを考えて、無理のない設定金額にしなければ、逆に家計を厳しく追い込んでしまうものになってしまいます。

逆に銀行の場合のメリットは、自分で管理して貯蓄ができるということです。
お金がたまっているという実感も得ることができます。
例えばどうしても家計が厳しい時、リストラにあった、けがをして仕事ができなくなったときなどは、銀行積み立てを見送ることもできます。
自営業など収入が安定しない人にとっては、確実に払い続けなくてはいけないというプレッシャーを感じることなく貯蓄できます。
このような家庭の環境によって融通が利くということが最大のメリットです。

銀行の場合のデメリットで一番大きいことは、利子がとても低いということです。
学資保険の満額http://minnieshouse.jp/mannki.htmlと同じ金額を貯蓄しようと思ったら学資保険よりも多くのお金が必要になります。
そしてデメリットは、自分の都合で貯蓄を止めてしまったりお金に困ったら手をつけてしまう可能性があるということです。
これは自己管理なので、自分に甘くなってしまうと、なかなかお金がたまらなくなってしまいます。
教育資金を計画的にためるために、自分の家庭環境や性格に合っている方を選びましょう。

このページの先頭へ