受取時期

時代とともに変化する学資保険の考え方

学資保険は社会女性によって大きく異なります。
それもそのはず、学資保険の返戻率は各保険会社によって定められています。
各保険会社は、学資保険の加入者が支払っている保険料を資金として、不動産運用や証券運用を行います。
これらの利益分が返戻率100%以上の支払いに当たるわけです。
なので経済状況が上向いてくれば、様々な投資で利益を得ることができ、より高い返戻率となるわけです。

今はまだ経済的にまだまだ低迷期といえます。
なので返戻率が高いところで111%ほどになります。
もちろん銀行などの利息に比べたら高いので、得だと感じる人が多いでしょう。

今学資保険を進めてくる世代の多くが、自分の母親など子育てをひと段落した世代の人が多いです。
その時代の学資保険というと、景気もいい時代を経験し、銀行などでも利子がとても高い時代でした。
もちろん学資保険も返戻率が200%近い商品がたくさんありました。
掛け金よりも倍近くの満額を受け取っている世代です。
なのでとても得をしている人が多かったといえます。
今でも同じぐらいの返戻率の学資保険があるのであれば、無理してでも入る人が多いでしょう。

学資保険で得をした年齢層のひとには、保険には入らないほうが損だと思い勧められる人が多いです。
ただし昔と異なり、今では教育費がより必要になる時代です。
受験や入学などの一時的にまとまった費用がかかるだけでなく、毎月の塾代や習い事などの教育資金がかかります。
なので学資保険以外にも教育資金がたくさん必要になります。

時代の変化とともに、子供の教育費への負担と返戻率も低くなったため、学資保険に対してシビアに考える人が増えました。
だからこそ各家庭の生活レベルにあった無理のない保険選びが重要です。
たとえばぎりぎりで余裕がない状態で学資保険に入ります。
すると中学生になり高校受験のために塾や私立であれば入学金などが高く、一気に教育費が必要になります。
毎月の支払いが厳しくなり解約をする人が増えてきています。
学資保険を途中解約してしまうと今までの払込額よりも少なくなって解約金として戻ってきます。
なのでせっかく今まで払ってきても損をしてしまうことになります。

このページの先頭へ