受取時期

教育費が学資保険だけでまかなえる?

今教育の現場では幼児教育がとても盛んになっています。
語学、運動、その他習いごとなど多くの施設があり、教育熱心な両親がとても増えてきています。
将来の子供にとって役に立つことはしてあげたいという親心もあり、いろんなニーズに合わせて教育機関が整いつつあります。

そんな中、幼稚園受験や小学校受験、中学校受験を受ける人も増えてきています。
このような時代の流れのなかで教育資金について考えなくてはいけない時代になりました。

年収が高い家庭ほど教育費にかける割合が高いため、収入格差による学力格差も問題になっています。
まだまだ不景気な時代の中で、教育費をどのようにためるべきなのか悩む人もいるでしょう。

そして多くの人が、子供が生まれてから学資保険の加入を検討しています。
学資保険があるから大丈夫と思っている人もいるでしょう。
しかし本当に教育費は学資保険だけで賄えるのでしょうか。

まず子ども一人当たりにかかる教育資金として最低1000万円以上はかかるということです。
幼稚園から大学まで公立に進学できた場合で、1000万ぐらいになります。
公立の大学への進学は難関なので、そう簡単にはいきません。
これが逆にすべて私立に入れた場合、教育費は倍以上の2500万ほどかかるともいわれています。

学資保険の満期額の平均が200万円ほどで多くでも300万ぐらいで設定している人が多いです。
なので総額を見てもまったく教育費が足りないということがよくわかります。

ただし学資保険の場合は、返戻率がとても高いということがメリットといえます。
高いもので110%以上ある商品もあり、同じ金額をためるのであれば、より少ない元金でためることができます。
なので銀行の利息がとても低い今の情勢であれば、加入することでメリットは得られます。
それ以外でも最低700万近くの教育費の計算になります。

今小さいころから習い事をする家庭が多く、特に受験生になるとほとんどの人が塾に通っています。
そのような毎月必要となる教育費が子どもの年齢とともに大きく負担がかかってきます。

学資保険はあくまで教育資金の一部としてみなすことが大事です。
それとは別に教育資金としてしっかりためておく必要があります。
学資保険のお祝い金に関しては、もらえる額もある程度まとまっています。
なので入学金、や授業料などまとまったお金が必要な時に使用するものとして考えておくと安心でしょう。
それ以外の教育費に関しては、毎月の家計の中からねん出するできるように、幼い頃から計画を立てて置きましょう。

このページの先頭へ