受取時期

教育資金と学資保険の関係性

子どもが生まれると、銀行や近所の知り合いの人などに必ず勧められるのが学資保険です。
いろんな人から声をかけられるため、入らなくてはいけないのではと感じるほどです。
学資保険は決して、強制ではありません。
教育資金をためる方法の一つとして、とても有効的な手段http://qpd.jp/s6.htmlの一つとして考えられています。

なぜなら今子供にかける教育資金が、年々増加しつつあります。
教育資金にかける費用は上限なくあるため、家計の財力によっても教育レベルが違うということも問題視されています。
それだけ親が子どもの教育に熱心な時代といえます。

その背景には、昔に比べて進学率もとても高くなっているということがあげられます。
大学卒業が当たり前の時代になり、教育資金が一気に上昇しています。
やはり大学受験に伴う、塾などの教育資金や大学の入学金、大学在学中の学費や生活費などの負担はとても大きいです。
そのためいかに効率よく教育資金をためていくのかが問題になります。

その方法の一つに学資保険があげられます。
学資保険も昔とは異なり種類もとても豊富になりました。
学資保険には貯蓄型と保険型の二種類に分かれます。
貯蓄型は、返戻率を重視したものであり、目標額貯める為に強制的に貯蓄することができます。
保険型は子供にもしものことがあった時の保険としての役割がありますが、貯蓄性低いため返戻率が100%をきるものがほとんどです。

なのでまず学資保険を加入する際には、何を目的にするのかによって選択する保険内容が異なります。
今多くの人が貯蓄重視で学資保険に加入する人が多いです。
なので変わらず返戻率を確認してきましょう。

そして家計で無理がない金額に設定することが大事です。
なぜなら、満額を受け取るときには返戻率が100%を超えまずが、それ以前に解約した場合は掛け金よりも払戻額が少なくなってしまうからです。
今の時代はリストラや災害など、いつ自分の家庭に降りかかってくるかわかりません。
何か家庭でトラブルがあった時でもある一定の期間は払い続けることができるような余裕のある計画を立てておきましょう。

あくまで学資保険は教育資金の一部を、確実に一定の時期までに貯められる一つの手段として考えましょう。
子どもが小さいころなどは習い事などをしていない家庭も多いので、そういったときに計画的にためておくのも方法の一つです。
将来の教育資金を自分の人生プランとともに、長いスパンで見て今どれだけためておくことが大事なのかを計画しましょう。

このページの先頭へ