受取時期

利差配当付学資保険とは?

今学資保険も様々な保険会社から商品が増えてきているため、ほかの会社との差別化を図っている企業もとても多いです。
学資保険の中で、いくつかの会社が扱っているのが、利差配当付学資保険です。

利差配当付学資保険とはどのようなものでしょうか。
今商品化されている学資保険の多くが、返戻率が100%を超える貯蓄型http://www.megafamilyproject.org/hennreiritu.htmlのほうが多いです。
低金利の時代なため、銀行に同じ金額をためるのであれば、より少ない金額で確実に貯蓄することができます。

しかし、そもそもこの低金利の時代に、支払総額よりも多い金額を受け取れるのでしょうか。
それは、保険会社は学資保険として各家庭からお金という資金を調達します。
そしてその調達した資金を不動産や証券の運用として使います。
それによって得られた利益があるからこそ、顧客に返戻率100%以上の満額を提供することができるわけです。
それは貯蓄に関するのであれば、銀行でもどこでも同じです。

今は不景気なため、なかなかより多くの利益を上げることが難しくなりつつあります。
その中で、この利差配当付学資保険は、ある一定期間を過ぎた決算時に、ボーナスとして配当金がもらえるかもしれないという保険です。
例えば、余剰利益が発生して、予想以上の利益が発生した場合は、配当金として学資保険加入者に与えるということです。

この利差配当付学資保険は、1990年代からこの制度はありました。
当時は毎年決算によって余剰利益があった場合は配当金として支払われていました。
それが1998年には5年に一度の配当金の支給へと変わりました。

保険会社としては、配当金を支払わなければいけないかもしれないという可能性があるため、配当金がない保険よりも若干高くなっています。
そして5年に一度の配当金の場合、18歳までの支払いであればもらえる機会は3回になります。
確実にもらえるといいきれるわけではないですし、景気が上向けば思っていた以上に得する場合もあります。
まずはあまり過剰な期待をすることなく、配当金があるものとないものの支払いの差額などを考えたうえで検討しましょう。

このページの先頭へ