受取時期

貯蓄型学資保険の特徴とは?

今子供が生まれると多くの家庭で加入の検討をされるのが学資保険です。
子供が生まれたことを報告すると同時に、知り合いや親戚などから学資保険の加入を進められます。
実際子育て世代の家庭で学資保険に勧誘している人は約半数近くを占めます。
今学資保険は加入を検討しないという家庭はいないという時代になりました。

そこで学資保険は各保険会社によって色んな特徴があります。
どこも同じと思っていたら大きな間違いです。
各会社、返戻率はもちろんのこと受取時期や支払い完了期などの設定も大きく異なります。
なので自分の人生設計に合わせて申し込みをする必要があります。
何を魅力的に感じるのかは人それぞれですが、最近主流としては貯蓄型の学資保険を選ぶ人が圧倒的に多いです。

子供の教育費は一人当たり1000万円から2500万円かかるといわれています。
年々教育に関する費用が高まっている中で、これだけの教育費を一気にためるということは不可能です。
なので長期間にわたって計画的に貯蓄しなくては教育資金を確保することは難しいです。

実際どれだけの教育費が必要になるのかは、その時になってみないとわからないかもしれません。
しかしある程度のまとまったお金が、教育費として必要な時期に確保することが大事です。
学資保険は一般的に必要な金額を設定してプランニングして作られています。
もちろんそれ以上かかることがありますが、急にためることを考えたら気持ち的に余裕を持って生活を送ることができます。

貯蓄型の学資保険の一番のメリットは何といっても返戻率が100%以上の保険内容がほとんどということです。
一番高い返戻率で111%の保険会社もあり、銀行で貯蓄するよりも利率もよく少ない資本金で教育資金をためることができます。

このような高い返戻率が可能な理由としては、けがの保障や入院の保障など保険内容を一切省くことで可能になっています。
なので保険の要素も必要だという人には勧めではありません。
保険特約を付けた学資保険にすることもできますがその場合は元本を割るものが多いのが現状です。
保険が必要な人は、学資保険とは別に子供の保険に加入する必要があります。

別々に加入するほうが、万が一解約をする際に一度に貯蓄と保険を手放すのではく、どちらか選択することができます。
なので別々で加入する人が増えてきています。

このページの先頭へ