受取時期

学資保険の受取時期で一番多いのは?

今の時代の子育てには、教育資金がとても多く必要になります。
子供一人当たり最低でも1000万は必要になります。
さらに大学までオール私学に進んだ場合は2500万円ともいわれています。

しかも教育費用に上限はありません。
習い事や塾など子供の要望に応じて習い事が増えれば増えるほど、家計の負担が多くなります。
今は大学に進学するのが当たり前の時代になっているからこそ、より教育費が必要になります。

そんな教育費を確実にためる方法の一つに、学資保険を活用する人が増えています。
学資保険は各保険会社によっていろんな特徴http://www.kotomizube.jp/ahuraxtuku.htmlがあります。
返戻率の違いはもちろんのこと、学資保険の受取時期も各会社によって異なります。

学資保険の受け取り時期として一番選ばれているのはいつなのでしょうか。
それは高校の入学時期と大学の入学時期に合わせて受け取りができるプランがとても多いです。

高校は希望する学校や受験によって私学に行く可能性があります。
なので今までよりも教育費が必要になることが多いです。

そして大学では国公立か私学に行くかで教育費が異なります。
全国区で受験する場合も多いため、進学校が決まった後には親元を離れて一人暮らしをする可能性もあります。
すると仕送りや生活費などの負担も増えてきます。
大学進学は一番経済的な負担が多い時期になる場合がほとんどです。

中には大学進学に合わせて学資保険の受取を指定している人もいますが、その家計の負担が増えてしまいます。
なので二段階に分けて学資保険の受け取りを受ける場合が多いです。

また中には幼稚園から大学まですべての入学の時期に合わせて、お祝い金として支給している保険会社もあります。
確かにどの時期にも家系的な負担はかかってきます。
なので堅実な方法の一つかもしれません。
しかしこのような保険内容の場合は、返戻率が低い場合多いです。
やはり受取時期が遅く設定したほうが、返戻率が高いため同じ少ない払込金額で同じ満額を受け取ることができます。
学資保険の返戻率について詳しくはこちらに解説サイトがありますのでご覧ください。

このページの先頭へ